NEWS

蔵元・ホリエモン・プロによる利き酒を公開!純米大吟醸「想定内」「想定外」官能検査選抜会YouTube生配信!

4月24日 12:15ごろよりYouTubeライブ配信!
👉https://youtu.be/_-uHV-k5UGY

大信州酒造より生配信!今季で4ヴィンテージ目を数える限定の最高級酒、純米大吟醸「想定内」「想定外」の官能検査選抜会を生配信します🍶
大信州の蔵元はじめプロによる真剣な利き酒会の様子をご覧ください!(14時ごろ配信終了予定)

1ヴィンテージから純米大吟醸「想定内」「想定外」プロジェクトに携わっている堀江貴文も登場します!

■官能検査選抜会とは?
同じタンクから出来た日本酒でも、搾られ方や場所によって風味が一つ一つ違います。
最も手間のかかる「袋搾り」という作業で
斗瓶(18Lの)に取り分けられた22種類の日本酒を全て利き酒し、
同じお酒の中から品質を3段階に判別します。
・品質の良いものを  ▶︎純米大吟醸「想定内」
・品質が最高のものを ▶︎純米大吟醸「想定外」
に取り分ける作業です。

■予定
・官能検査選抜会 開始(12:15〜12:30ごろ)
・全員による合議 (1時間後くらい)
・聴講者による試飲会(配信終了 〜14時ごろを予定)

■お酒について
長野県東御市八重原の契約農家、太陽と大地にて"幻の酒米"『金紋錦』を、株間を広げ手作業で田植えしたのち有機栽培し、
その金紋錦を全量用いて、自社精米で麹米38%・掛米40%で丁寧に磨き上げ、
自然放冷、限定給水など最も手間のかかる原材料処理を行い、
温度管理や醸造工程を徹底し最も手間のかかる吟醸造りで醸し、
蔵人総出の手作業による「袋搾り」で斗瓶に取り丁寧に折引きし、
無濾過原酒のまま瓶火入れで全量手作業で丁寧に行い、
マイナス5度の冷蔵庫で品質を保ったまま保存する。

という、全ての材料・工程で最大限の造りを行う最高級酒です!

▶︎田植えの様子
https://youtu.be/pTWYKK029xo

▶︎上槽の様子
https://youtu.be/tKIOPJuMNQY
クラブハウス同時開催のため、無音です。
音声版は後日up予定。

■官能検査員(予定):
田中 隆一さん(大信州酒造株式会社 代表取締役)
田中 勝巳さん(大信州酒造株式会社 専務取締役 杜氏)
関澤 結城さん(大信州酒造株式会社 専務取締役)
蟻川 幸彦さん(長野県食品工業協会 専務理事 兼 事務局長)
柳澤 謙太郎さん(大信州酒造契約農家 株式会社太陽と大地 代表取締役)
馬渕 博臣さん(八ヶ岳発酵研究所株式会社 ファウンダー)
堀江 貴文さん(実業家、SNS media&consulting株式会社 ファウンダー)
藤井 耕太(酒匠・日本酒学講師/株式会社耕 代表取締役)

配信中のお酒は6月ごろに発売予定!
予約販売はこちらから!